• 24時間無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

ご予約・ご相談は

東京銀座院 0120-169-263

わきが・多汗症の治療方法

  1. HOME >
  2. わきが・多汗症の治療方法
  • ボツリヌス注入
  • ニードルアブレーション法
  • 皮下組織削除法

ボツリヌス注入による多汗症治療~短時間の治療で汗や臭いの不快感を解消~

ボツリヌス注入で不快な汗と臭いを即効ストップ!

しわの治療などで知られるボツリヌスですが、わきがの軽減や多汗症の治療にも効果を発揮します。

ボツリヌス注射は、汗腺の働きを弱めることで発汗を抑え、細菌による臭いの発生を防ぎ、嫌な臭いや汗を軽減することができます。
メスを使わず、10分程度で終了するので、夏場の汗ジミが気になる方などにも人気の施術です。

ボツリヌス注入による多汗治療のメリット

ボツリヌス注入による多汗治療のメリット

当院で使用するボツリヌスについて

ニューロノックス

ボツリヌス菌由来のタンパク質で神経を麻痺させる外毒素として知られていたものです。米国では、しわ取り効果のあるものとしても承認されています。当院ではアメリカ、アラガン社製のボツリヌスのジェネリックとして注目の「ニューロノックス」を導入しております。

  • ※ご希望の方にはアメリカアラガン社製ボツリヌスも注入可能ですが、ほとんどの患者様にお求めやすく効果も同等なニューロノックスをお勧めしておりますので、在庫の関係でお待たせする場合がございます。
  • ※最近、報道等でトラブルなどの多いと言われております中国製のボツリヌス製剤は当院では一切使用しておりませんのでご安心下さい。

治療について

施術時間 施術は、約10分程度で終了します。
入浴・シャワー等 どちらも当日より可能です。
麻酔 基本的には不要ですが、痛みに弱い方に痛み止めテープを
ご用意しておりますのでお気軽にご相談下さい。
施術後の経過について 注入直後よりも、2~3日後に効果の実感が高くなります。
効果は、個人差もございますが3ヶ月~6ヶ月ほど持続します。

PAGE TOP

ニードルアブレーション法~最先端の切らないわきが治療~

ニードルアブレーションによるわきが治療

ニードルアブレーション法

ごく細いニードル(針)で匂いや汗のもととなる汗腺をまんべんなく粉砕・除去する治療法です。メスをまったく使わないので、固定などのダウンタイムが気になりません。

「汗が多いのが不快」と感じている方には最適な治療法です。

誰にも気づかれること無く、
永年悩まされていた不快感から解放されます。

治療直後の状態

  • 施術前施術前
  • 施術後施術後

切開が必要ありませんので、傷跡の心配がいりません。

このような方に最適な治療です

汗は不快だけど切るのは怖い方・持続する効果が欲しい方・絶対に傷を残したくない方に最適な治療

治療について

施術時間 施術は、約20~30分程度で終了します。
入浴・シャワー等 どちらも治療の翌日より可能です。
麻酔 施術は、笑気ガス麻酔で浅く眠った状態で行います。
眠っているため、施術中は痛みを感じずに治療が完了します。
施術後の経過について 施術後、多少の赤みや、軽い筋肉痛のような痛みが生じます。
赤みは数時間、痛みは2~3日ほどで落ち着き、
大きなダウンタイムはほとんどありません。

ニードルアブレーション法は最先端のワキガ・多汗症治療です。

今まで傷跡やダウンタイムが心配で治療に踏み込めなかった方も受けやすい治療となっています。重度なワキガの場合は手術が必要となりますが、軽度なワキガ治療には最適な治療法です。
どうぞお気軽にご相談下さい。

PAGE TOP

皮下組織削除法~再発しないわきが治療~

皮下組織削除法によるわきが治療

皮下組織削除法によるわきが治療

ドクターの高い技術と経験が
仕上がりの美しさを左右します

カミソリの刃を取り付けた皮下組織削除器を2cmほどの切開から真皮直下の脂肪組織へ挿入し、腋窩部皮膚の裏側からアポクリン汗腺・エクリン汗腺をまとめて削り取る方法です。

皮膚全体を厚さ1mm程度まで一気に削ることが可能で、アポクリン汗腺・エクリン汗腺が除去され腋毛もほとんど再生してこないため効果が確実です。剪除法と同様に術後の圧迫固定が必要となります。

皮下組織削除法ならワキガの原因となるアポクリン汗腺、多汗の原因となるエクリン汗腺をワキの毛根を皮膚の裏側から根こそぎ削り取るためレーザー・超音波照射やボツリヌス注射など他の施術に比べ、1度の治療だけで確実な効果が期待できるうえに、再発の心配がありません。

再生医療との併用で傷跡の美しさにもこだわります

わきが手術になかなか踏み込めない理由の一つに、傷跡が残ることが心配で・・・という方も多くいらっしゃいます。
アテナクリニックでは、美容外科として傷跡の美しさにもこだわった治療を行っています。
それが自己血液から抽出した、皮膚組織の再生に特化した血小板(PRP)を使用した傷跡のケア療法です。

施術前

わきがの手術時間を利用して、ご自身の血液からPRP(皮膚再生血小板)を抽出して切開部分に注入します。これによって傷跡を綺麗に修復して、更に傷の治りも早くなるという大きなメリットが生まれます。

※皮下組織削除法+PRP療法のセットメニューをご用意しております。
詳しくはスタッフにお尋ね下さい。

治療について

施術時間 施術は、約1時間~2時間程度で終了します。
当日は、ガーゼでわき部分を固定させていただき、そのままの状態でご帰宅いただきます。
入浴・シャワー等 シャワーは翌日から可能ですが、3日目までは施術部位が濡れないように注意して下さい。
入浴は抜糸終了後(10日~2週間後)より可能です。
麻酔 最初に笑気ガス麻酔で浅く眠った状態になっていただき、その間にわきに局所麻酔を行い治療します。
治療中は麻酔が効いておりますので、
痛みの心配はございません。
施術後の経過について 10日~2週間後に抜糸のためご来院いただきます。
抜糸後一週間はワキを広げるストレッチを行っていただきます。

PAGE TOP

わきが・多汗症Q&A

  • どの手術法が一番良いのでしょうか?

    吸引法や剪除法など様々な手術法がありますが、当院では皮下組織削除法を行っています。
    この方法は、皮膚全体を厚さ1mm程度まで一気に削ることが可能で、アポクリン汗腺・エクリン汗腺が除去され腋毛もほとんど再生してこないため効果が確実です。

    ただし、今まで傷跡や術後の回復期間などを考え治療に踏み込めなかった方などには、熱によって汗腺を粉砕するニードルアブレーション法や、ボツリヌス治療により症状を軽減させる方法などもございますので、よくカウンセリングをさせていただき、治療内容を決めていきます。

  • レーザー脱毛を受けるとわきがも治りますか?

    レーザー脱毛によってわきがが治ることはございません。ただし、ワキの下が清潔に保たれることによって、菌の繁殖が抑えられ症状が軽減することはあります。

  • 再発しない方法はありますか?

    当院で行っている、皮下組織削除法ならワキガの原因となるアポクリン汗腺、多汗の原因となるエクリン汗腺をワキの毛根を皮膚の裏側から根こそぎ削り取るためレーザー・超音波照射やボツリヌス注射など他の施術に比べ、1度の治療だけで確実な効果が期待できるうえに、再発の心配がありません。

  • 子供でも治療を受けられますか?

    第二次性成長期をお迎えになる前のお子様の場合、成長期に伴い原因となるアポクリン汗腺も増加する場合がございます。とは言え、学校でのイジメなどの原因になるため早めに治療したいとお考えの保護者の方も多いかと思います。成長段階に合った治療スケジュールをご提案させていただきますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

  • 他のクリニックで手術を受けたのですが、臭いが残っています。再手術は受けてくれますか?

    過去の手術で完治しなかった患者様も積極的にお迎えしておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。
    当院では「再発しないこと」「傷跡を綺麗に仕上げること」にこだわって治療にあたっています。

  • 手術の場合、入院が必要ですか?

    手術の場合でも当日お帰りいただくことができます。

  • 傷跡は完全になくなりますか?

    完全にゼロになるとは言えませんが、最終的にはかなり目立たなくなります。
    当院では、自己血液から抽出した血小板(PRP)を使用した最先端の皮膚再生治療を併用することも可能です。美容外科として傷跡の美しさにもこだわった治療を行っています。

  • 手術後にお酒やタバコは大丈夫ですか?

    お酒やタバコは回復の妨げとなりますので、手術後1週間~10日ほど控えていただきます。

  • 手術は誰でも受けられますか?

    妊娠中や授乳中の方の手術はお断りさせていただいております。

PAGE TOP